読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a2 Tech blog

試したこと・調べたこと・感じたことを発信するITエンジニアの日記です。仕事とは直接関係ないけど興味あることを模索していきます。

VSTSでBuild Agentを設定してサンプルアプリケーションをビルドしてみる

f:id:ninna2:20170409020434j:plain:w360

Visual Studio Team Service(VSTS)は、“プライベートGit”としてチームで利用出来ますし、Visual Studioとの連携も強力です。また、Azureを用いれば、簡単に“CI/CD”を行うことも可能です。今回はVSTSBuild Agentを設定する方法を記載します。次回あたりにはCoded UI TestをVSTSから実行していきたいと思っており、そのための準備としてBuild Agentの設定をしました。ビルドサーバを独自のものを用意したいという場合には参考になると思います。

続きを読む

Azure上のVMにProxy経由でRDPする

組織に所属する限りProxyを経由しないとインターネットに出れないというのは当たり前ですね。パブリッククラウドがかなり発展してきている中で、少し不自由な時があるのが実情だと思います。セキュリティの関係で仕方ないと言えば仕方ないのですが、どうにかしたいのも事実です。Proxy配下のクライアントからAzure上のVirtual Machineにリモートデスクトップ(RDP)する方法はないものかと気になったので試してみました。

説明するがすごく難しく複雑なのですが、SSH Over HTTPで対象のサーバとSSHを確立して、SSHポート転送でRDPをフォワードするという方法でなんとかつなぐことが出来ました。

いやぁ、なんのこっちゃって感じですよね。とりあえず、絶対に忘れそうなので自分自身への備忘も兼ね方法をまとめておきます。同じことで悩んでる人の少しでも参考になればと思います。

続きを読む

Graph in SQL Server on Linuxで100万件データを試してみる

f:id:ninna2:20170504184530p:plain:w360

SQL Server 2017ではGraph形式のデータが扱えるようになりました。Graphデータがどのようなものかは、前回の投稿でやってみましたが、データ件数がそれほど多くなかったので、少し多めのデータ(とりあえず100万件)でどうなるのか試してみたいと思います。

続きを読む

Linuxにsqlcmdを入れてSQL Server on Linuxにアクセス

f:id:ninna2:20170506013457j:plain:w360

SQL Server on Linux、皆さん触ってますか?

Linux上では、sqlcmdすら実行できない状態なのでmssql-toolsを導入して、Redhat Enteprise Linuxから、SQL Serverに接続できるようにセットアップする方法を試してみたいと思います。途中までやってみて気が付いたのですが、SQL Server on LinuxをAzure Virtual Machineに構築した場合、ちゃんとパッケージインストールされていてやる必要がなかったみたいです。気が付くの遅すぎ…でも、方法はわかったので内容は残しておきます。

外部からつながっているので、ローカルから接続できるようにする必要性はあまり感じないかもしれないですが、ネットワークを介さずにいろいろやりたいパターンは出てくるはず(例えば、性能測定とか、大量データの挿入とか)なので必要に応じて各環境で実施しておくとよいと思います。何度も言いますが、Azureで構築した場合、親切にパッケージインストールされているはずなので、PATH通すぐらいしかやらなくてOKです。

続きを読む

Graph DatabaseをSQL Server on Linuxで試してみる

SQL Server 2017では、Graphオブジェクトを扱えるようになりました。SQL Server on LinuxをAzure Virtual Machine上に構築したので、Graphオブジェクトで遊んでみたいと思います。ちなみに、私は「ぐらふおぶじぇくと、なにそれ、おいしいの?」状態の初心者です。業務ではRDBMSを扱ってますが、Graph Databaseについては、Data Ampで初めて知り、今回、初めて触ります。

続きを読む

Visual Studio Code for SQL Server on Linux

f:id:ninna2:20170503203013j:plain:w360

SQL Server on LinuxをAzure Virtual Machine上に構築しました。ただ、構築しただけなのでデータベースとかテーブルとかまだ作成していません。SQL Server On Linuxを操作していく上で、もちろん、SQL Server Management Studioという選択肢がはじめにあります。ただ、せっかくSQL Server On Linuxなので、何となく新しいことやりたいなぁと思いまして、やっぱりここはマルチプラットフォームをフル活用だって勝手に思い込んでみます。

というわけで、今回はVisual Studio Codeから、SQL Server on Linuxに接続するために準備をしていきたいと思います。

続きを読む

SQL Server on Linux on Azure VM を試してみる

f:id:ninna2:20170430222728j:plain

2017/4/20にMicrosoft Data Ampというオンラインイベントがありましたが、日本では4/24に都内で同イベントが開催されたので参加してきました。Data Ampでの発表内容はMicrosoftのページやまとめてくれているブログなどを参考にしてもらえればと思います。

Microsoft Data Amp | Microsoft

次期SQL Server(SQL Server vNext)としてSQL Server 2017が発表されました。SQL Server on Linuxが面白そうなので触ってみたいと思います。現在、CTP2.0(パブリックプレビュー版)で公開されています。色々な機能を試す前に今回はまず立ち上げることをやってみたいと思います。LinuxSQL Serverを体験することができる日が来るとは10年前では考えられなかったですね。MicrosoftLinuxの流れは本物ですね。

続きを読む